リフォームQ&A

介護リフォーム

Q.51介護保険ってどういう仕組みなの?

市町村に要介護申請をして、認定(要支援、要介護1〜5)を受けた人が対象となります。様々なサービスが受けられますが、住宅改修に関するものとしては、現在5品目について上限20万円の支給が受けられます。(そのうちの10%は自己負担です)
1.手摺の設置、2.段差解消、3.滑り防止のための床材の変更、4.引戸への変更、5.洋式便器への取替 の5品目です。まずは要介護認定を受け、その後ケアマネージャーさんに相談するのが良いでしょう。
また、介護保険による住宅改修のほかにも、各市町村単位で住宅改修に対する助成金を支給しているところもあります。お住まいの地域でご確認してみてください。

top

Q.52手摺を取付けたいけれど、どこでも取付け可能なの?

手摺は体重をかける支えとなるものなので、下地にしっかりと固定しなくてはなりません。固定位置に下地がなければ、下地を入れた後にその下地にしっかりとビスなどで固定します。まずは専門業者さんにご相談されることをお薦めします。

top

Q.53段差を解消するには、どんな方法があるの?

簡易的な方法としては、摺り付け板の設置があります。但し、つまづきの防止にはなりますが、根本的な段差の解消にはなりません。本格的にバリアフリーにする場合は、低い方の床を高い方に合わせるか、高い方の床を低い方に合わせるようにします。専門業者さんに実際の状況を確認してもらって、方法をご検討ください。

top

営業エリア

神奈川県全域、東京都江東区、江戸川区、葛飾区、中央区、墨田区・台東区・北区・板橋区・練馬区・荒川区・文京区・新宿区・足立区、大田区、品川区、世田谷区、杉並区、千葉県(一部)、埼玉県(一部)