リフォームQ&A

内装リフォーム

Q.36湿気やカビがひどくて・・・?

珪藻土をはじめ、自然素材を使った内装材が今や主流となりつつあります。湿気を吸ったり吐いたり、呼吸する内装材です。室内の湿気が多いときには湿気を吸い取り、乾燥しているときには吸い取った湿気を吐き出すという機能があります。珪藻土を主原料とした塗り壁やクロス、多孔質セラミック素材のタイル調内装材などがあり、それぞれに特性があります。施工性や意匠、価格などを比較し、お住まいに調和する健康で素適なインテリアにしてみませんか?

top

Q.37カーペットのほこりが嫌で・・・?

一般的にはフローリングへの貼替がお薦めですが、カーペットでも最近は防ダニ加工や消臭、抗菌加工を施してある製品もあります。生活習慣やご予算等にあわせてお選びください。

top

Q.38マンションでフローリングにすると音が心配で・・・?

マンション用遮音フローリングを施工するのが最も一般的な解決方法です。音には重量床衝撃音(LH)と軽量床衝撃音(LL)の2種類があります。LHは子供が飛び跳ねたときなどに発生する、重くてにぶい音です。これは建物の構造そのものに左右されます。これに対し、LLはイスを引きずったり食器をおとしたりしたときなどに発生する軽くて硬い音です。これは床材によって左右される音で、マンション用遮音フローリングはこのLLが軽減された床材です。多くの管理組合で許可されている数値は、LL=45以上(数値が小さいほど遮音性能が高くなります。)です。まずは管理規約でフローリングにする際の条項があるかどうかを確認してみてください。但し、基本は住まい方にあるので、上下左右への気遣いは必要です。モラルを守って快適なマンションライフを実現しましょう。

top

Q.39フローリングのお手入れ方法は?

まずはキズを保護するために、家具の脚にフェルトを貼ることをお薦めします。またコーヒーや醤油をこぼした時はすぐに拭き取ってください。変色の原因となります。日常のお手入れはゴミやほこりを取り除き、乾いた雑巾やモップでふいてください。汚れがひどいときには、中性洗剤を薄めて雑巾に含ませて拭き取った後、固く絞った雑巾で表面の残った洗剤を完全に拭き取ってください。但し水拭きを頻繁に行うとヒビ割れの原因となるので、ご注意ください。そして、美しさを保つために、半年に一度ワックス掛を行ってください。(市販されている木質床用ワックスでOKです)しっかりお手入れして、長く美しくお使いください。

top

Q.40ペットがいるとキズや臭いが嫌で・・・?

表面が強化された壁材や床材を施工することでキズは解消できます。また室内ドアを閉めてもペットが出入りできる小窓が付いたペット用のドアもあり、とても便利です。臭いについては消臭効果のある内装材を併用すれば効果があがります。でも日頃から風通しを良くすることは必要です。

top

Q.41虫が湧かない畳ってないの?

畳床が従来はワラ床を使用していましたが、最近は断熱材(発泡スチロール板)をサンドイッチしたものが主流となっています。軽くて暖かく、防虫性能があります。また畳表も高温熱処理を施したものがあります。天然素材を使用しておりますが、イ草のように染土を使っておりませんので、衣服を汚す心配もなく、また表面コーティングが施されているので変色もしにくくなっております。畳もその風合を保ちながらより機能的なものへと進化しているのです!

top

Q.42クロスってよごれたら拭けるの?

ビニール製のものであれば拭き掃除ができます。但しあまり強くこすりすぎると、折角の柄にキズを付けてしまうので、注意が必要です。

top

Q.43シックハウスが心配で・・・?

平成15年7月1日より建築基準法が改正され、シックハウス対策の規制が強化されました。主に内装建材に対するホルムアルデヒド発散量の規制が厳しくなり、F☆☆☆☆という表示のもののみ仕様制限を受けないものとなっております。リフォームする際にはこの表示の内装建材を使用することが安全の基準です。5年以上経過している建築材料については発散量が減っているので、規制対象外となります。いずれにしても、換気を良く行うことがとりもなおさず、重要なことです。詳しくは弊社係員やリフォーム相談窓口の担当係員にお聞きください。

top

Q.44クロスの柄ってどれを選んでもいいの?

貼替の場合は、下地の凸凹の具合によりその影が表面に出やすくなりますので、色や柄選びには注意が必要です。薄すぎると凹凸が出てきますし、厚すぎると柄の窪んだ部分に汚れが入り、落し辛くなります。サンプルを見ながら専門員と相談して決めるのが良いでしょう。

top

営業エリア

神奈川県全域、東京都江東区、江戸川区、葛飾区、中央区、墨田区・台東区・北区・板橋区・練馬区・荒川区・文京区・新宿区・足立区、大田区、品川区、世田谷区、杉並区、千葉県(一部)、埼玉県(一部)